フランス語の副詞を学ぼう!

フランス語の副詞

形容詞は名詞を修飾しますが、副詞は名詞以外を修飾します。

以下は形容詞を修飾する副詞です。形容詞とともに用いて形容詞に意味を付け加えます。

Ils sont trop sophistiqués.
彼らはとても教育されています。

副詞は文全体も修飾できます。

Heureusement, malgré que je soit pauvre, j’ai de la nourriture, de l’eau, et un abri.
幸いにも貧しいけれど、水と小屋がある。

動詞を修飾する副詞は多いです。

Ils s’embrassent passionnment.
激しくキスをした。

副詞は一般的には動詞の直後に置かれます。

例文:

Il mange. 「彼は食べる」

Il mange peu. 「彼はほとんど食べない」

複合形の場合には過去分詞の前に置きます。

Il a bien chanté
イラ ビヤン シャンテ
彼は上手に歌った

不定形の場合には動詞の前に置きます。

Il sait bien chanter
イル セ ビヤン シャンテ
彼は上手に歌うことができる

以上です。慣れてくるとスラスラできるので、できるだけ慣れる様にしましょう。